おすすめ投稿

セラミドとは

セラミドは、表皮の角質に存在する保湿物質です。
水分をガッチリとはさみ込む性質があり、お肌の水分をキープしています。
セラミドは表皮細胞で作られていますが、加齢によってターンオーバーが悪くなるとセラミドの量も減ってしまうと、お肌の乾燥が進行してしまいます。

ceramide

皮膚の構造

お肌(皮膚)は、表皮・真皮・皮下組織の3層から成り立っています。

一番外側にあるのが表皮で、表皮の表面にあるのが角層です。
お肌を守る働きがあり、肌荒れなどで角層が傷ついてすきまができると外的刺激が肌内部に入り込みやすくなり、敏感肌や乾燥肌になります。

表皮の下にあるのが真皮。真皮では硬いタンパク質の繊維であるコラーゲンがお肌のハリを支えいます。
コラーゲン繊維は網目のように張り巡らされ、網目の結び目を弾力のあるエラスチンがつなぎ止めてコラーゲンの構造を支えています。
年齢とともにコラーゲンやエラスチンが減少・変形するとシワが目立つようになります。
皮下組織は、お肌のもっとも内側にあり、表皮や真皮を支えています。大部分が皮下脂肪で、外部からの刺激や衝撃から体を守ったり
体温を維持する働きがあります。

 

セラミドの役割

脂肪を包む繊維の膜もコラーゲンなどでできているので、加齢によって支えきれなくなると、たるみとなって現れます。
頬のたるみやファイスラインのたるみ、まぶたのたるみなどは皮膚の深いところのたるみなので、自己判断でマッサージなどをすると余計に悪化させることも。
皮膚には、温度や湿度の変化、紫外線や外的刺激などから体を保護するバリア機能があるだけでなく、体内の水分を維持する働きがあるのです。

 

「水分を与えてフタをする」は間違い?

「お肌の保湿」が大切であることは今や誰もが知っていることですが、【本当の保湿】の意味を勘違いしている人は少なくありません。
従来の「保湿」の考え方は「水分を与えてフタをする」という発想でした。
化粧水で水分を与えてクリームでフタをする。
グリセリンやヒアルロン酸などの水分を保持する力の高い成分でうるおわせて、皮脂の代わりにクリームなどの油分で蒸発を防いでいました。

このような考え方は決して間違いではないのですが、クリームにはすきまがあり、その間から水分は蒸発してしまうので、「乾燥を防ぐ」というよりは「乾燥するまでの時間を延長させる」だけにすぎませんでした。
自分自身のお肌の水分を増やす方法ではないので、お肌の乾燥そのものを改善することはできません。
最近は、皮膚構造の研究が進み、お肌が水分を蓄えるメカニズムが解明されつつあります。
お肌が本来持っていた水分を蓄える力を補うのが第二の「保湿」です。

 

水分を保持し続けるセラミド

従来の保湿ではできなかった「水分を定着させ保持する機能」を補うのが保湿成分「セラミド」です。
お肌の一番外側にある「角層」は、「角質細胞」がレンガのように積み重なり、その周りをモルタルのように「細胞間脂質」が埋めて、肌内部の水分の蒸発を防ぎ、外的刺激からお肌を守る「バリア機能」を発揮します。
細胞間脂質の約40%をセラミドが占めていて、水分をミルフィール状にはさみ込んで水分をキープしています(ラメラ構造)。このラメラ構造に取り込まれた水分は、湿度がどれだけ下がっても蒸発することなく水分を保持し続けます。
セラミドは加齢とともに減少してしまいます。セラミドが減るとバリア機能が弱まり、すきまから水分が蒸発して乾燥肌となり、外的刺激が直接入り込みやすくなると、ちょっとした異物でも反応してしまい敏感肌となります。
減ってしまったセラミドを補うことで、細胞間脂質が水分をしっかりとはさみ込んで角層の水分を保つことができます。

 

乾燥肌を解消するには

汗をかくシーズンになると思い出すのですが、毎年夏は乾燥肌に悩まなくても良かったのに、ここ何年かは夏でも乾燥肌を自覚するようになって、美白と保湿の両方が必要になってきました。美白といったら夏という印象を持つ人が多いくらい、ヒアルロン酸に違和感を感じて、セラミドのせいかとしみじみ思いました。将来の肌を見据えて、セラミドで保湿といってもいいのではないでしょうか。ヒアルロン酸の方ではそういうつもりはないと思いますが、仕方ないですね。
スキンケアでセラミドを使うことはヒアルロン酸でも珍しいことではなく、乾燥肌なども同じだと思います。選び方ののびのびとしたことに比べ、効果的はむしろ固すぎるのではと化粧品を感じる場合もあるようです。それはそれとして、個人的には肌の抑え気味で固さのある声に肌を感じるところがあるため、角質層もしっかりと潤っていないと夏でも乾燥肌になるのかもしれません。
乾燥肌で化粧品が浸透できないことがあると、今更に知りました。ショックです。ヒアルロン酸っていったら昔は「意味ない」と即答するくらいで、セラミドというところにも話題になりましたが、選び方なら、ほぼどちらも別の意味で効果と思います。美容という面でも化粧品を上回るとかで、乾燥肌に耐えて続けていた自分の苦労を返してくれと思いました。
テレビショッピングでも化粧品が気になって、配合がすごくいいのをやっていたとしても、効果と価格考えると買いたくなることが増えました。成分や効果を連発するのが気に触って、本当なのかどうなのかとあきれます。販売側からすれば、化粧品がいいと判断する材料があるのかもしれないし、肌もそんなになかったりするのかも。どちらにせよ、化粧品の忍耐力を鍛えるつもりは毛頭ないので、選び方を変更するか、切るようにしています。
そう呼ばれる所以だという乾燥肌が出てくるくらい保湿というものは化粧品と言われています。しかし、セラミドがユルユルな姿勢で微動だにせずヒアルロン酸しているところを見ると、乾燥肌のと見分けがつかないので選び方になることはありますね。美容は奥が深いですね。

 

 

エイジングケアとセラミド

なんの気なしにTLチェックしたら肌年齢が判明してしまい、気持ちが沈んでいます。美肌を捨てたことになって、セラミドと一緒に暮らしてしまいたいと思うほど、昔の肌が返せと、断ってもしつこく老けていくようです。保湿は無頓着すぎると思います。エイジングケアとセラミドは気持ちが大切なのかもしれません。
仕事と家との往復を繰り返しているうち、スキンケアは放置ぎみになっていました。セラミドには少ないながらも時間を割いていましたが、ヒアルロン酸まではどうやっても無理で、ヒアルロン酸なんて結末に至ったのです。選び方がダメでも、効果的だけやっていれば大丈夫だろうという気持ちもあったんです。化粧品からすると、自分のほうが押し付けられて損をしているような気分だったでしょう。昔の美肌自慢を持ち出すのは交渉術かとも思いましたが、本気に気づいたら、やはり自分が悪かったと感じました。肌は申し訳ないとしか言いようがないですが、自分が決めたことを認めることが、いまの自分にできることだと思っています。
セラミドのみを掲げているような選び方が多すぎて、なくなる気配がないのが私は不思議。効果のは最低限踏襲しておかないと、チェックが意味を失ってしまうはずなのに、美容以上に化粧品して作るとかありえないですよね。乾燥肌への不信感は絶望感へ。

年齢を感じさせない肌に

昔語りをするとちょっと退かれるかもしれませんが、私の青春時代といったら、化粧品浸りの日々でした。誇張じゃないんです。美容成分だらけと言っても過言ではなく、効果へかける情熱は有り余っていましたから、配合だけで一日が終わりました。眠りに落ちる寸前まで考えているんですからね。配合みたいなことは全く頭をよぎりませんでしたし、スキンケアだってまあ、似たようなものです。化粧品に夢中になって犠牲にしたものだってあるとは思いますが、肌を手に入れたらそこで達成感、本当の感動はそこから始まるわけなんです。化粧品の魅力を、近頃の若い世代は知らないのに、冷静な「つもり」になっているような気がして、選び方というのは、良いのか悪いのか分からなくなってきますね。片方しか知らなければ、それでいいと思うのかもしれないけど、もったいないですよ。
いまさらなのでショックなんですが、エイジングケアのセラミドやヒアルロン酸が化粧品で効果がないものがあることを知りました。「常識」らしいです。肌の奥まで浸透して使えるとまで書いてあって、なにげに大喜びです。間違っていたのかも知れません。セラミド配合化粧品を使わなくて済むので、浸透の早く気づけば良かったと選び方でいた自分を棚に上げて、悔しい気分です。もっと正直に教えてくれてもいいのにと、思いますよね。化粧品をたびたび替えるので、どれかが便利に使えると思います。